ビクトリーロード

 また、ラグビーの話しですみません…。

 日本対スコットランドの大一番が迫ってきました。
歴史が動いた瞬間、本当に“明日への扉”が開くのかもしれません。

 大型台風が近づき、天候だけはどうにもできない。
中止(引き分け)で史上初の決勝トーナメント進出になっても3戦3勝は見事。
しかし選手たちは負ければ予選敗退というリスクも覚悟のうえ、スコットランドとの戦いを望んでいる。
そして必死に、命を懸けて勝とうとしている。
桜の勇者たちは、侍だ。

 日本がスコットランドに勝つというのは、とてつもなく困難なことだ。
簡単に勝てるわけがない。
しかし、4年前のワールドカップで大敗し、3勝しながら予選プールで敗退した悔しさを晴らしたい。
”借り”があったら、きっちり利息をつけてお返しをするのが礼儀である。
そして、ベスト8で当たる可能性が高い、南アフリカに再び勝つというのも、
言葉を選ばず言わせてもらえば、アリが象を倒すようなものだ。
…しかし、アリが象を倒すかもしれない。

 予選プール突破の条件がどうだの、ボーナスポイントがどうだの、もう関係ない。
日本は、たとえ1点差でもよいから勝たなければいけない。
ここからは、勝つしかない。
命を懸けたディフェンスを、渾身のタックルを、魂のジャッカルを!
スクラムもモールもアタックも、一歩でも足を掻いて前へ!そして総攻撃を!

 日本サポーターは、選手たちを応援することしかできない。
キックが入ることを祈るしかない。
しかし、必死に声援を送り続けようとしている。
選手たちと同じ気持ちで、共に歴史を変えようとしている。
ハートで、戦おうとしている。
選手もサポーターも、そして日本全体がONE TEAMになって、スコットランドに勝ちたい!
南アフリカに勝ちたい!

頑張れ、日本代表!

   ラグビー日本代表応援動画
 https://www.youtube.com/watch?v=UXCtexjWw_U