ラグビーW杯閉幕 新たなスタートへ

  スタジアム観戦の最後は、3位決定戦(@東京スタジアム)でした。
どういう巡り合わせか、ニュージーランド対ウェールズ(オールブラックス対レッドドラゴン)の組み合わせを
観戦することに…。

最後のハカはド迫力の“カ・マテ”で来てほしかったので、熱狂的ラグビーファンとしてはとても嬉しかったのですが、
なによりこの3位決定戦が清々しい試合だったことに感動しました。

準決勝で敗れて決勝進出を逃し、プライドが傷ついたもの同士の対戦。
しかし、お互いが国の名誉を懸けて、渾身のプレーを見せてくれました。
ボールが良く動いて、見ていて楽しいラグビーを堪能できました。

ノーサイド後はお互いを称え合い、両チームともに一列にきれいに並び、4方向へ深々とお辞儀をして挨拶をする姿に、満員の観客から盛大な拍手が送られました。

ニュージーランドもウェールズも、日本やキャンプ地での“おもてなし”に対して礼を尽くし、日本向けのメッセージビデオや新聞一面広告で感謝の気持ちを伝えてくれたことにも感激しましたし、ワールドカップを通して
「自分は日本人で良かったなあ」と感慨に浸り、自分の祖国を心から誇りに思えたのも、日本大会のお陰です。

  決勝戦はテレビ観戦で両チームを応援し、結果的に南アフリカが優勝しましたが、なによりシヤ・コリシ主将が
ウェブ・エリス・カップを高々と掲げた姿を見て、幸せな気持ちになりました。

アパルトヘイトが廃止されたとはいえ、まだいろいろな問題を抱える国の貧困家庭に生まれ、明日の食事さえ心配で
いつもお腹を空かし、おもちゃも靴もなく、年間350円の小学校の授業料も払えず…。
そんな少年がラグビーと出会って立身出世を果たし、南アフリカ初の黒人キャプテンとしてワールドカップ決勝の舞台で
優勝カップを掲げる…。
ラグビーワールドカップ2019日本大会のフィナーレが、シヤ・コリシ主将が英雄になった瞬間というのもドラマでした。

  閉幕して少しラグビーロスになりかけた私ですが、すぐさま母校の応援で大学ラグビーを観戦して復活!
11月10日(日)の秩父宮ラグビー場などは、2万人を超える来場者で熱気に包まれました。
明慶戦・明帝戦・明早戦、そして大学選手権に突入!
年末からは高校ラグビー全国大会(花園)が始まり、1月12日にはトップリーグが開幕!

明早戦やトップリーグ・東芝ブレイブルーパス対サントリーサンゴリアス戦などは、チケット完売のようです。
ラグビーシーズン到来です!

  大学ラグビーは各大学のアイデンティティや伝統的なラグビースタイルがあり、その戦いが見るものを魅了します。
高校ラグビーは、とにかく“ひたむき”です。
地元の高校を応援したり、高校日本代表候補の選手の個人技に注目したり進路を気にしたり…。
トップリーグは桜の戦士たちが、今度は敵味方に分かれて戦う。
そしてワールドカップで活躍した各国の名選手も、かなりトップリーグ入りをして間近で観戦ができる。
いろいろな楽しみ方があるので、一人でも多くのラグビーファン(になった方々も)が試合会場に
足を運んでくれる仕掛けを、協会には知恵を出し合って考えてもらえれば…と願っています。

  社長ブログなのか、ラグビー観戦記なのかわからなくなっていましたが、そろそろ軌道修正しなければ…と思っています。
私の人生の宝物・ラグビーへの情熱と同じくらい、仕事にも情熱を注いで頑張りたいと思います。

 

最後の締めくくりは、この動画を紹介して…!

 

ラグビーワールドカップ3位決定戦(@東京スタジアム)

img_7796   img_7799   img_7807   img_7810

img_7811   img_7817   img_7818   img_7823

img_7829   img_7830   img_7833   img_7834

img_7836   img_7837   img_7838   img_7839

img_7842   img_7843   img_7848   img_7850

img_7854   img_7856   img_7857   img_7858

img_7863   img_7864   img_7868   img_7870

img_7871   img_7872   img_7880   img_7881

 

関東大学ラグビー対抗戦  明治大学対慶應大学(@秩父宮ラグビー場)

img_7973   img_7974   img_7977   img_7978

img_7981   img_7984   img_7985   img_7987

img_7988   img_7990   img_7991   img_7999

img_8001   img_8004   img_8005   img_8008

 

関東大学ラグビー対抗戦     明治大学 対 早稲田大学(@秩父宮ラグビー場)

魂の決闘    伝統の明早戦
25年ぶりの全勝対決!
明治大学21年ぶりの全勝優勝!!
今年は1位通過で大学選手権へ(決勝戦は新国立競技場)

img_8309   img_8310   img_8311   img_8313

img_8314   img_8315   img_8316   img_8317

img_8318   img_8320   img_8321   img_8322

img_8323   img_8324   img_8327   img_8330

img_8333   img_8335   img_8336   img_8337

 

大学選手権準決勝 明治大学 対 東海大学(@秩父宮ラグビー場)

関東リーグ戦全勝優勝の東海大学に、激闘の末に勝利。
シンビン(10分間退場)で一番苦しい時間帯を14人で耐え抜いての勝利でした。
1月11日(土)、決勝戦の舞台は「新国立競技場」
巡り合わせは不思議なもの。
魂の決闘、明早戦再び!
令和初の決勝戦は、23年ぶりの明早戦対決!

img_8741   img_8744   img_8742   img_8753

img_8756   img_8758   img_8759   img_8761

img_8763   img_8765   img_8767   img_8769

img_8770   img_8772   img_8775

 

大学選手権 決勝 明治大学 対 早稲田大学(@新国立競技場)

○○が有利と言われる時ほど逆の結果になったり、国立競技場には魔物がいると言われたり…。
やはり、この伝統の一戦は昔も今も何が起こるかわかりません。
早稲田大学さん、素晴らしいラグビーでした。
明治に慢心はなかったと信じたいが、些細な気の緩みや勝利への執念がわずかでも劣れば早稲田には勝てない。
それが明早戦。それが魂の決闘。
来季再び王座奪還を目指して、気持ちはゼロからのスタート!
頑張れ、明治大学ラグビー部!!

20201214-01   20201214-02   20201214-03   20201214-04

20201214-05   20201214-06   20201214-07   20201214-08

20201214-09   20201214-10   20201214-11   20201214-12

20201214-13   20201214-14   20201214-15   20201214-16

20201214-17   20201214-18   20201214-19   20201214-20

20201214-21   20201214-22   20201214-23   20201214-24

20201214-25   20201214-26   20201214-27   20201214-28

20201214-29   20201214-30