学校へ行かせてあげたい。

世界中には貧しくて学校へ行けない子どもたちがたくさんいると聞きます。
幼い弟・妹たちの子守や家事を一手に引き受ける少女…。
農作業の手伝いや家畜の世話に明け暮れる少年…。
子どもは一家の労働力とされ、貧困の連鎖を断ち切れず生きることに精一杯で教育を受けられない子どもたちを助けたい。
そこで私たちは、社会貢献活動の一環として『夢の架け橋』を合言葉に、こうした子どもたちの奨学支援を始めました。

ミラック光学は小さな会社です。
大企業のように莫大な寄付はできないかもしれません。
しかし、こうした子どもたちの人生を切り開く手助けをしたいという気持ちは負けません。
永久的に支援を続けることで、何十人・何百人の子どもの未来に夢の架け橋をかけてあげられたら、こんなにうれしいことはありません。
そしていつの日か、この地球上のどこか貧困にあえぐ国に学校を建設・寄贈してあげたい…。
それが私たちの目標です。

『宿命に生まれ 運命に挑み 使命に燃える』

株式会社ミラック光学は、たくさんの子どもたちの人生に関わる奨学支援活動に使命感を持ち、日々の仕事に打ち込むことを誓います。

株式会社ミラック光学
代表取締役 村松洋明

一般財団法人民際センター

企業・団体ドナーとして紹介されました

※写真は民際センターの許可をいただいて掲載しております。