Skip to content

"二軸(XY)ステージ" タグの付いた記事一覧

薄型XY回転ステージを使用した外周振れ測定治具の改善

2024年04月30日

精密機械会社の品質管理課で使用している部品の外周振れ測定治具の改善事例です。

課題:ワークのセンターリング(芯出し)に時間がかかっています。

ワークのセンターリング(芯出し)をした後に1回転させて外周振れの測定をしています。
芯出しはX軸とY軸それぞれの位置調整板をスライドさせて行います。各位置調整板は2本ずつのボルトで固定されていて、それらのボルトを締めたり緩めたりしなければならず時間がかかります。

解決!薄型XY回転ステージを使用すると芯出しが短時間でできます。

X軸Y軸の移動と360°回転ができるステージを採用しました。XYの2軸はハンドルを回して移動させ、ストッパーで位置を固定させます。
従来のようにボルトを緩めて位置調整板を移動させるより短時間で芯出しができるようになりました。また、芯出し後のワークの回転も滑らかで、外周振れ測定も精度よくできるようになりました。

薄型XY回転ステージ(XYR-60)の特徴

  • XY2軸の摺動と360°回転が可能なステージです。しかも、高さ45mmで大変薄いステージです。ステージ面がφ90mmのXYR-90もあります。(XYR-90の高さは50mm)
  • ステージ面:φ60mm
  • 移動量:±21mm・360°回転
  • 耐荷重:34.3N (3.5kgf)
  • 自重:0.39kg
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト

セミオーダーステージを使用したUV照射接着治具の改善

2023年05月31日

光学メーカーのプリズム組立工程で使用するUV照射接着治具の改善事例です。

課題:UV照射器の位置調整をする時のボルト締結作業が面倒でした。

位置調整板にてUV照射器の位置を調整。 ボルトの締結作業が面倒くさい。

プリズムをホルダーにセットしてUV照射による接着をしています。
プリズムが変更になるとUV照射器の位置を変えなければならないので、位置調整板を動かして調整しますが、ボルトの締結が必要で面倒くさいです。

解決!位置調整板をステージに変えたら位置調整が容易になりました。

ハンドルを回して位置を変更、ストッパーをかけて位置を固定します。

位置調整板に変えてステージを使用しました。ボルトの締結作業が不要になり位置調整が容易になりました。ボルトの締結作業は、ステージのハンドルとストッパーの操作に変わりました。
UV照射器の位置はハンドルを回して決め、次にストッパーをかけて位置を固定します。XとYの2方向調整するのでとても楽になりました。

セミオーダーステージ[SO-1/SO-4]の特徴

  • 薄型・軽量で、ステージ面の移動機構が違うラック&ピニオン式[SO-1]と送りねじ式[SO-4]の2種類があります。
  • ステージ面:30mm x 50mm [共通]
  • 移動量:±17mm [SO-1] / ±16mm [SO-4]
  • ハンドル1回転移動量:18mm [SO-1] / 4.2mm [SO-4]
  • 耐荷重:24.5N(2.5kgf) [共通]
  • 自重:0.1kg [共通]
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト
応用のポイント:2軸ステージのハンドルの向きを揃えることが可能。

ステージ面の移動機構には、ラック&ピニオン式と送りねじ式の2種類があります。
同じ種類同士を使用した2軸(X軸とY軸)ステージでは、ハンドルの向きが直交して作業性がよくありません。
ラック&ピニオン式と送りねじ式を組み合せて使用した2軸ステージは、ハンドルの向きを揃えることができるので作業性が向上します。

フロントロックステージを使用したねじ止め組立治具の導入

2022年01月31日

玩具メーカーの製品組立工程における部品組立治具の導入事例です。

課題:組立て位置の設定変更が面倒で時間がかかってしまいます。

4本のボルトによりX軸調整板とY軸調整板の位置決めと固定。

ワークAをワークBにねじ止めします。ワークAのねじ止め位置は3ヶ所あります。
ねじ止め位置を変更する場合、X軸調整板とY軸調整板を動かして設定しますが、
ボルト4本を緩めて締めるので時間がかかります。また、ボルトを締める時に、
両調整板の位置がずれることがあるため効率がよくありません。

解決!フロントロックステージのハンドル操作により短時間でできます。

フロントロックステージのハンドル操作によりワークの位置決めと固定。

X軸調整板とY軸調整板に変えて、フロントロックステージを2個組み合わせて設置しました。
フロントロックステージのハンドル操作によりワークAのねじ止め位置を変更することができます。
ボルト4本の作業より簡単に短時間で設定変更できます。設定位置の固定もハンドル根元部分のストッパーで可能です。

フロントロックステージ(FR-XY)の特徴

  • 軽薄短小で滑らかな摺動を実現しました。(FR-X寸法:長さ 56mm x 幅 25mm x 厚さ 10mm (ハンドル部除く))
  • ハンドルの根元部分で固定ができるストッパー機能を標準装備し操作性も抜群です。
  • ステージ面:25mm x 25mm
  • 移動量:各軸±8mm
  • 耐荷重:14.7N(1.5kgf)
  • 自重:0.08kg
  • 目盛り最小読取り:1mm
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト

 

応用のポイント:狭小なスペースや高さに制約のある場所での位置決めに最適です。

フロントロックステージは、コンパクトで軽いステージです。特に、高さは10㎜で従来のステージの約半分(弊社製品比)です。
狭小なスペースや高さに制約のある場所での使用に向いています。デモ機の貸し出しも可能です。是非、ご利用ください。

Language »