Skip to content

"回転ステージ" タグの付いた記事一覧

薄型XY回転ステージを使用した外周振れ測定治具の改善

2024年04月30日

精密機械会社の品質管理課で使用している部品の外周振れ測定治具の改善事例です。

課題:ワークのセンターリング(芯出し)に時間がかかっています。

ワークのセンターリング(芯出し)をした後に1回転させて外周振れの測定をしています。
芯出しはX軸とY軸それぞれの位置調整板をスライドさせて行います。各位置調整板は2本ずつのボルトで固定されていて、それらのボルトを締めたり緩めたりしなければならず時間がかかります。

解決!薄型XY回転ステージを使用すると芯出しが短時間でできます。

X軸Y軸の移動と360°回転ができるステージを採用しました。XYの2軸はハンドルを回して移動させ、ストッパーで位置を固定させます。
従来のようにボルトを緩めて位置調整板を移動させるより短時間で芯出しができるようになりました。また、芯出し後のワークの回転も滑らかで、外周振れ測定も精度よくできるようになりました。

薄型XY回転ステージ(XYR-60)の特徴

  • XY2軸の摺動と360°回転が可能なステージです。しかも、高さ45mmで大変薄いステージです。ステージ面がφ90mmのXYR-90もあります。(XYR-90の高さは50mm)
  • ステージ面:φ60mm
  • 移動量:±21mm・360°回転
  • 耐荷重:34.3N (3.5kgf)
  • 自重:0.39kg
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト

回転ステージを使用した3点高さ調整治具の改善

2023年11月30日

玩具メーカーの組立工程で使用している部品の3点高さ調整治具の改善事例です。

課題:プレート上面3点の高さ調整の作業性がよくありません。

測定部の変更は手に取って回す

2枚の円形プレートと3本のばねで構成された部品を組み立てています。プレートの上面の3点(大体120°間隔)をセンサーで測定してドライバーで所定の高さになるよう調整します。
測定点を変更する時に組立品を手に取って回すため作業性がよくありません。

解決!組立台を回転ステージに取付けることで作業性がよくなりました。

つまみを回して測定部を変更

組立時に使用する組立台を回転ステージに取り付けました。測定点の変更は、回転ステージのつまみを手で回して行います。
従来のように手に取って回すよりも早くスムーズに回すことができ作業性がよくなりました。回転ステージには目盛りも付いているので、以前より正確に120°間隔で測定点を決められます。
また、プレートやばねを必要以上に手で触れなくて済むため汚れ防止にもなります。

回転ステージ(KTS-60)の特徴

  • 手動でしっとり滑らかに回転します。逆さまに取り付けても使用可能です。
  • ステージ面:φ60mm(φ40mmのKTS-40もあります)
  • 移動量:360°
  • 偏芯量:0.05mm
  • 耐荷重:68.6N (7kgf)
  • 目盛最小読取り:1°
  • 自重:0.2kg
  • 付属品:六角穴付きボルト4本
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト
応用のポイント:回転ステージKTS-60とXYステージを一体化したステージもあります。

XYR-60

薄型XY回転ステージXYR-60を使用することにより、回転ステージKTS-60をX方向・Y方向にそれぞれ42mm移動させることができます。
測定点を現状より内側や外側に容易に変更できます。また、通常のXYステージと組み合わせよりも薄くてコンパクトです。
KTS-60及びXYR-60 どちらもデモ機の貸し出しを行っておりますので、お気軽にお試しください。

回転ステージを使用した取付け角度設定治具の改善

2023年06月30日

玩具メーカーの組立工程で使用している取付け角度設定治具の改善事例です。

課題:生産切り換え時に角度設定ピンの交換が必要で手間がかかります。

生産切り換えのたびにねじ込まれた角度設定ピンの交換が必要。

2枚重ねのワークを所定の角度に開いて取り付けています。所定の角度は、角度設定ピンを挟むことで設定します。
現在4種類の角度設定ピンがあり、生産機種が変わるたびに角度設定ピンの交換が必要です。
交換は、ねじ込まれた角度設定ピンを抜いて、交換する角度設定ピンをねじ込まなければならないため手間がかかります。

解決!回転ステージを使用して、角度設定ピンの交換を容易にしました。

つまみを回して角度設定ピンを変更。ストッパーにて位置を固定。

角度設定ピンを回転ステージにあらかじめ取り付けておきます。角度設定ピンの交換時は、回転ステージのつまみを操作して使用する角度設定ピンに交換します。
交換後は、位置が変わらないようにストッパーをかけて固定します。交換のたびに角度設定ピンをねじ込む必要がなくなり、短時間で交換ができるようになりました。

回転ステージ[KTS-60]の特徴

  • 手動で滑らかに360°回転するステージです。ステージ面がφ40mmの(KTS-40)もラインナップしています。どちらも、六角穴付きボルト(M4×8mm)4本を付属しています。
  • ステージ面:φ60mm
  • 移動量:360°
  • 耐荷重:68.6N(7kgf)
  • 自重:0.2kg
  • 本体材質:アルミ合金製
  • 表面処理:梨地黒アルマイト
応用のポイント:大まかな回転角度が分かります。

回転ステージ(KTS-60)の固定側には、1°刻みで全周に目盛りが刻まれています。(KTS-40は2°刻み)
今回の事例では、4本の角度設定ピンを均等に配置したので、目盛りを見ながら90°ずつ回転させればほぼ正確な位置決めができます。

Language »